2012年12月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2012年、お疲れさまでした。

DSC_0582.jpg

大晦日だよ。
だからブログ更新してみるよ。
年納めブログ。ふふー。

昨日、今も奇跡的に続いている
大阪ミナミの女子会(勝手に名づけてみた)があったのだ。
気づいたら今でも続いてるお友達。
みんなバラバラな人生だし、違った考えを持っているなか
10年以上も関係が続いている奇跡に感謝。
来年もみんな元気に集まれたらイイナ。

さて、今年をざっくりと振り返ってみると
「生き残るって大変だなー」って
自分史上最も悶々していた一年だったよ。
でも、自分史上最も支えてくれる人(家族とは違う関係でね)が
そばにいてくれたから一年間生きてこれたなーと思うのだ。深謝。
そう考えると、人生はうまくできているとさえ思う。

さぁ、今年は乗り切ったとして、
来年は何して生きたらいいの?って
悶々は再ループしちゃうわけなのだが
前向きに少しずつ変えていきたい。
思えば、毎年そうやって生き延びてきた。

世の中が、愛を歌ったり、前向きな言葉を掲げることで溢れているのは
そもそも人生とは、後ろむきで哀しいものだからだと思うけれど、
これって、どこかの偉人がかっちょよく名言にしてそうなのだ。
(見つけたら、誰か教えておくんなまし)
互いに愛を確かめあったり、楽しさを口に出しあっていかなければ
死に至る病にすぐさま陥ってしまうほど、
生きるとは、そもそも孤独でしんどく感じるものだし
人間とは、弱い生き物だと私は常に思っている。
だからこそ、今までもらったたくさんの「愛」に感謝なのだ。

2013年は、もうちょっと余裕を持って読書に取り組んでいこう。
そして、一年の終わりには、自分史上、最も読書した一年になった!
そんな風に堂々と言える2013年でありたい。
なぜ読書なのか、それは生きる知恵をつけて、欲を言えば、
分け与えられるようにまでなりたいから。にんまり。

今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

よいお年を~。

DSC_0583.jpg
スポンサーサイト
Comment (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。