スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ラグジュアリーなモンブラン

fc2blog_20140125211214039.jpg

この年になってようやくモンブランの美味しさに目覚めたのだ。
お高くつく味覚になってしまって、嬉しくないやら悲しいやら。

近頃は、洋菓子文化が盛んな街に住んだ者の宿命みたいなもので、
何かにつけて近所の洋菓子店にケーキを買いにいくようになった。
だから自分なりに日本にいながらも美味しいケーキは食べ尽くして来たつもりだし
ケーキレベルもずいぶんアップしたのではないか、と思っていたのだ。
でもやっぱり世間は狭いようで実は広い。

有楽町に映画を観に行くついでに、空き時間に銀座までお散歩したところ
「銀座で一番美味しいモンブラン」という看板の文字を見かけた。
食べてみて正直一番とは思わなかったし(ごめんなさい)、
どちらかと言えばコーヒーのほうが衝撃的に美味しかった。
しかしそのケーキはメレンゲを使うなど、初めて出会うアレンジ方法だったのだ。

そこで私なりに、モンブランはビジュアルに個性を発揮できるものじゃないぶん、
使う素材でしか勝負できない奥深いケーキなんじゃないかと一大発見した。

これって今更なのかもしれないけど、
何せモンブラン暦半年なので優しいまなざしでお願いします。うるうる。

ちなみに観た映画は「ビフォア・ミッドナイト」です。
ビフォアシリーズ第3作目。
個人的には2作目より好きです。
そしてぜひ4作目も作って欲しいぞ!

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。